浅川不動産TOP > 浅川不動産株式会社のブログ記事一覧 > 住宅ローンの借り時って???

住宅ローンの借り時って???

≪ 前へ|借り換えと保証料と手数料と   記事一覧   ワンピースと浅川|次へ ≫
カテゴリ:お金の事


皆さんお元気ですか??

今日も素晴らしいお天気でした。



これから

どんどん日が短くなってくるんですよね。



現地の写真撮影も、

ちょっと遅くなると西日になって

撮影できなくなってしまいます。



時間管理を今まで以上に

徹底しなければ・・・。






さて、今日も話は変わります。



皆さん、住宅ローンには

大まかに2つの商品があるのを

ご存知でしょうか??



「変動金利」「固定金利」です。

今日は変動金利について

真面目に書いてみようと思います。



変動金利




1)固定型に比べると
金利が低く設定されている 

⇒ ただし返済途中で
金利上昇するリスクもある



2)半年ごとに金利を見直し、
金利が低下すると返済額が減少する 

⇒ 逆に金利が上昇すると返済額も増える



ここまでは、皆さんご存知かもしれませんね。

しかしこの数年、「変動金利」は

「変動」していません。





細かい字で恐縮ですが、

グラフの黄色の線が変動金利



平成3年にはなんと8%を

超えていますが、

平成21年からずっと2.475%を

キープしています。



ところが、最近住宅ローンを検討なさった方は、

疑問に思われるかもしれません。



「うちはもっと安い金利で説明されたぞ。

 確か変動って言ってたよな??」



そうです。

条件が良いと、実行金利が0.6%、

ネットバンクなら、

0.5%を切る商品もあります。



でも、変動金利はあくまでも

2.475%をキープしています。



この差ってなんでしょう???



この差は、各銀行の金利優遇によるものです。

浅川が家を購入した平成17年頃、

金利の1%優遇が適用されました。



周囲の営業と一緒に、

「イチパー優遇、イチパー優遇」

と興奮したのを覚えています。



その頃の変動金利は2.475%だったので、

実行金利1.475%です。


2.475%-1% = 1.475%

・・・・



それから早10年以上が経ちました。

ベースの変動金利2.475%は

変わってませんが、

優遇の幅がとんでもなく広がって、

1.8%以上という、

10年前からは考えられない

金利優遇が適用されています。

銀行はの利益はほとんど無いのでは??



では各銀行、なぜこんな身を切るような

金利優遇を続けたんでしょう??



この答えは簡単です。

それぞれの銀行が、周りの銀行の優遇幅

にあわせて、少しずつ優遇幅を広げてきたんです。






一昔前の、松屋とすき家、吉野家の

値下げ競争と一緒です。

(またやってくれませんかね??)



浅川も、毎月お客様にお奨めする銀行が

変わります。

その月々で、最安の金利を出す銀行が

変わりますので。

結局、

その時一番金利の安い

銀行が選ばれるんです!!



ここで大切なのは、

お金を借りたタイミングでの

金利優遇はずっと生きているって事。



例)

金利優遇1.8%の時、

お金を借りた人の場合




今は

2.475%1.8%0.675%

実行金利が適用になっています。



このベースになる2.475%の金利は、

半年ごとに見直しをしています。

見直しをした上で、変わらずという事が

何年も続いていますが。



将来、景気が上昇して金利が上がったとします。



例) 2.475% → 3.000%

この方の実行金利

3.0%1.8%1.2%

です。


(浅川は個人的に、日本の金利が

 大きく上昇するとは思っていません。

 日本経済の未来は

 決して明るくないと思っているので。)



ベースの金利も当然大切ですが、

金利優遇の幅もとても大切なのは、

ご理解いただけると思います。



そこで、今日ちょっと気になるニュースが。





 みずほフィナンシャルグループ(FG)が、東北など一部地域で新規の住宅ローン販売を取りやめることを検討していることが1日、わかった。マイナス金利下で厳しい国内での銀行業務の見直しの一環。顧客が少ない一部の地方店舗では利益が薄い住宅ローンから事実上撤退し、資産運用業務などを強化する。年度内にも地方銀行4、5行と提携し、顧客を紹介し合う形で業務を補完する。

朝日新聞DIGITALより



まだ、「撤退検討」ですが、

実はその予兆は感じていました。

住宅ローンセンターの八王子支店が

幾つか立川や相模原に統合してしまったので。.



住宅ローンを取り扱う銀行が減ると、


銀行間の競争が減る


今までの様な猛烈な

金利優遇は無くなるのでは??

と、自然に考えてしまいます。



となると、

「今が住宅ローンの組み時

って考えていいのかしら??」

と思った次第です。

住宅ローンを組んで10年くらい経った方も、

借り換えのチャンスかも。



少しでもご興味のある方は、

お気軽にご相談くださいませ。

しっかりとご説明いたします。



今日も最後までお目通しいただき、

誠にありがとうございました。

今後とも浅川と浅川不動産(株)

をよろしくお願いいたします。




こちらをご覧ください 

こちらもご覧ください 

こちらもご覧ください 


≪ 前へ|借り換えと保証料と手数料と   記事一覧   ワンピースと浅川|次へ ≫

浅川 達郎 最新記事



浅川 達郎

八王子の物件以外はわかりません。しかし八王子の物件情報は『世界一』知り尽くしています。 八王子の物件の事しかご相談に乗れませんが、『世界一』真剣にご相談に乗ることができます。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


八王子市 長沼町 新築一戸建て 3期

八王子市 長沼町 新築一戸建て 3期の画像

価格
4,798万円
種別
新築一戸建
住所
東京都八王子市長沼町104‐130
交通
平山城址公園駅
徒歩13分

秀和めじろ台レジデンス

秀和めじろ台レジデンスの画像

価格
1,699万円
種別
中古マンション
住所
東京都八王子市椚田町
交通
狭間駅
徒歩10分

八王子市 泉町 新築一戸建て 2期

八王子市 泉町 新築一戸建て 2期の画像

価格
3,398万円
種別
新築一戸建
住所
東京都八王子市泉町1907-62
交通
西八王子駅
徒歩35分

ルミナス富士森公園

ルミナス富士森公園の画像

価格
2,498万円
種別
中古マンション
住所
東京都八王子市台町2丁目12-30
交通
西八王子駅
徒歩14分

トップへ戻る