浅川不動産TOP > 浅川不動産株式会社のブログ記事一覧 > 支払いの上限について

支払いの上限について

≪ 前へ|2021年 終戦・・。   記事一覧   『マドリーム』に浅川不動産おすすめの八王子情報が掲載♪|次へ ≫
カテゴリ:お金の事

皆さんお元気ですか??


今日の投稿は、
本来数日前に投稿されていたはずの内容です。


ついつい、文頭のあいさつのつもりが、
とんでもない長さになってしまい、
それだけ先に投稿することにしました。

たまに八王子虎雄さんが目を覚ますと
こんなことになります。




もしよろしければその投稿もご覧くださいませ。





さて、今日はマジメな事を書きたいと思います。


家探しをなさる際、何を重視なさいますか??


・日当たり
・駅からの距離
・間取り
・車庫の台数

etc。。。



浅川が最も重視する要因は、ズバリ予算です。
内緒ですが、浅川は「ケチ」です。
生まれてこのかた、
チャーシュー麺を注文したことがありません。



ご予算は??






浅川
「ご予算はどれくらいでお考えですか??」


お客様
「3,000万円くらいですかね。」


新人の頃の浅川は、
3,000万円以下の物件の図面を全部出してきて、
お客様の前で店開きしてました。


それこそ数十枚の販売図面を。


それはそれで悪くないですけどね(笑)。
当時はPCをほとんど使ってなかったし。



最近の浅川は。


浅川
「ご予算はどれくらいでお考えですか??」


お客様
「3,000万円くらいですかね。」


浅川
「そのご予算の根拠は??
 不動産屋とか、銀行で相談なさいました??
 あるいはネットでシュミレーションとか。」


お客様
「何となく3,000万円くらいかなって・・。」

「会社の同僚がこれくらいの家買ってたから。」



そういうお客様も結構多いんですよね。。。

怖い怖い・・・。



何が怖いかって??



いくらまで借りることができるか。




浅川
「ご年収はおいくらですか??」


お客様
「オレ、月50万とってるよ。」


お勤め人(会社から給与明細を貰っている人)
なら、ご年収600万円と判断されます。


ただ、確定申告をなさっている方
(職人さんとか)は
そこから経費計上なさっています。


経費で落とせたら、その分税金がかかりません。
かなり大胆に経費計上している人もいます。
(浅川も、その昔は・・・・)


でも、ローンを組むとなると、
それはあまりよろしくなく。


経費30万円/月を落としていたら、
(50万円-30万円)×12=240万円
の稼ぎしかないと、銀行は判断します。


ご年収600万円と240万円ではまるで違いますね。
借入可能額も大きく変わってきます。
ちなみにフラット35だと、


〇 600万円/年の場合:5,870万円

まで借りることができますが、

〇 240万円/年の場合:2,010万円

までしか借りることができません。


同じ手取り50万円/月の人でも、
借入可能額が思いっきり変わるのは
ご理解いただけると思います。



いくらまで返せますか??




本当は、家計に詳しいFPさんに相談して、
毎月の住居費の上限を出すのがベストです。
(リクエストがあれば、
 弊社専属のFPをご紹介します。)


ただ、今のお家賃をベースにお考えになれば、
そこまで大きなズレは無いと思われます。
ボーナスを過信することがなければ、
そんなに大きな過ちも起きないかと。


一番大切なのは、先にお出しした借入可能額からの
返済額と、お支払い可能額を比べて、
その安いほうがご予算だという事を
良くご理解いただく事です。


少しわかりにくいですかね。


例)
・年齢35歳(35年の借り入れ)
・年収480万円
・自己資金0円
・既存の借り入れ:なし


この場合、フラット35だとおよそ4,700万円の
借り入れが可能です。



怖い営業さんの場合。


「4,700万円まで借りられますから、
 諸経費を大目に300万円と見ても
 4,400万円までなら買えます!!」



確かに間違いじゃないけどさ・・。


こんなに借りちゃ、途中でバテちまうぜ。
多分。



浅川の場合。


浅川
「4,700万円までならきっと借りられます。
 毎月14万円の返済になりますけど。
 
 返済は、毎月いくらを上限で考えますか??」


お客様
「多くて10万円くらいで考えてます。」


浅川
「そうですね。それくらいで抑えたほうがいいです。
 480万円のご年収で4,700万円のお借り入れだと、
 年収のほぼ10倍です。
 かなり返済に無理があります。

 ちなみに、フラットで10万円/月の支払いだと、
 3,350万円までの返済が可能、
 諸経費を引いて、
 3,100万円くらいにしておいたほうがいいですね。」


いつもこんな感じでしょうか。


・いくらまで
・何%の金利で
・何年間
・毎月の返済額


を確認しないで家探しをするのって、
おっかない事だと思いますが、
皆さんいかがですか??


何件も見て回って、

「これだ!!」

という物件に巡り合っても、
想定した支払額をはるかにオーバーするような
物件だったら辛いですよね。


最初に、予算の上限を客観的に把握してから
家探しをすれば、そんな悲劇には合わなくてよろしいかと。


お住まい探しをなさる方、
これからお考えの方、
ぜひ最初に、信用できる業者さんと一緒に
予算組みをなさることを強くおすすめいたします。


もちろん、浅川も親身になって応対いたします。
お気軽にお声掛けくださいませ。


最後までお目通しいただき、
誠にありがとうございました。


今後とも浅川と浅川不動産(株)、
弊社スタッフ一同をよろしくお願いいたします。



≪ 前へ|2021年 終戦・・。   記事一覧   『マドリーム』に浅川不動産おすすめの八王子情報が掲載♪|次へ ≫

浅川 達郎 最新記事



浅川 達郎

八王子の物件以外はわかりません。しかし八王子の物件情報は『世界一』知り尽くしています。 八王子の物件の事しかご相談に乗れませんが、『世界一』真剣にご相談に乗ることができます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る