浅川不動産TOP > 浅川不動産株式会社のブログ記事一覧 > 球春到来 2021

球春到来 2021

≪ 前へ|いつまで続くのかな。。。   記事一覧
カテゴリ:浅川の事

皆さんお元気ですか??


浅川は申し訳ないくらいに元気なのですが、
とにかく目が痒いです・・。


さて、今年もこんなシーズンがやってきました。


この時期、西のスポーツ新聞には
勇ましい文字が踊ります。


「今年の助っ人はバースの再来や」

「ディアーネットを超える打球」

「OBが断言『今年は阪神の年や』」

「G討に憂いなし!!」


等々・・・


少なくともここ15年ほど、
この予言が当たったことはありませんが
(血涙)。



浅川は一応トラキチで通っています。
甘いものは苦手ですが、
それより巨人が嫌いです。


ただ、ここ数年はあまり試合を見ていません。
さらに言うと、昨年は1試合を球場で見たのみでした。


近年見なくなった理由は、


・試合終了まで見る体力が持たないため。
 (お酒を飲んでるので、寝落ちしてしまう。)

それよりなにより・・・。

ここぞという時の
我がタイガースの勝負弱さ!!


負け試合を最後まで観戦すると、
数日機嫌が悪くなるのを
浅川は自覚しています。


最近のニュースはコロナ報道ばかりなので、
あまり見なくなってしまいました。
ニュースを見ないと、
スポーツニュースにも疎くなるようで。


ところが驚きました。
先日、たまたま付けたテレビに
見慣れない縦縞の若トラが、
左バッターボックスに立っていました。


「背番号8」


浅川
「一桁背番号ってことは、有名選手のはず。」
「でも、この人知らないし。」
「風格あるけど、まだ若いぞ」


そこまで考えてから思い出しました。


そう、


2020年のドラフト会議において、4球団
(巨人・ソフトバンク・オリックス・タイガース)
から1位指名をうけた、西の強打者




選手ではないですか。



毎年、この時期のタイガースのルーキーは
過度に持ち上げられる傾向があります。


昨年、過去のドラフト1位選手が
解雇されました。

その選手が入団した年、
練習試合で大ファールを打っただけで


「Gの肝を冷やす大飛球!!
 スタメンも確定か?」


こんな見出しが躍ったのを、
浅川は鮮明に覚えています。


西のスポーツ新聞は、
とにかく阪神を偏重しすぎなんです。
そして、選手も勘違いして天狗になるか、
プレッシャーに押しつぶされるか・・・。


ところがところが。。。


この佐藤選手、3/17現在、
オープン戦でのホームランキング!!
それも、広い広い甲子園のレフトポール際に飛び込む
大ホームランをかっ飛ばしました!!

(左打者はレフト方向に
 長打を打つのは難しいそうです。)



ひょっとして、彼って本物??



基本、この時期の

サンケイスポーツ 
デイリースポーツ

はあまり信用していないのですが、
佐藤選手はすごそう。


また、投手陣も充実してるって
解説者は言ってました。
(毎年言われてますけどね)


期待すると、見事なくらいに裏切ってくれるのが
我が阪神タイガース。


でも、でも、


他にもホームラン打ってる外人もいたし、
今年はひょっとしてひょっとするかも・・・



数年ぶりにドキドキしております。



あまりにふがいない敗戦に激怒して
解約してしまったDAZN(有料スポーツチャンネル)、
再契約すべきでしょうか??


その再契約を、
弊社のお姉様方は許してくれるでしょうか???


今、売り上げ管理表を睨みながら
考えております。



今日も最後までお目通しいただき、
誠にありがとうございました。
今後とも浅川と浅川不動産(株)
弊社スタッフ一同をよろしくお願いいたします。









≪ 前へ|いつまで続くのかな。。。   記事一覧

浅川達郎 最新記事



浅川達郎

八王子の物件以外はわかりません。しかし八王子の物件情報は『世界一』知り尽くしています。 八王子の物件の事しかご相談に乗れませんが、『世界一』真剣にご相談に乗ることができます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る